涼を愛する、日本の伝統。

うすく削った氷を金属の”椀“に入れ、蜜をかけていただく。
枕草子に「あてなるもの」と描かれ、優美さ、上品さの象徴とされた
”椀“は、錫の器だったと考えられています。

氷が大変貴重だった平安時代から、日本では贅沢に涼を楽しむ道具として錫器を愛でてきました。
熱伝導に優れた錫は、氷に触れると瞬時に冷たさを湛え、指先にキンとした冷感を伝えます。
また、銀面を覆っていくこまかな輝きは、周りに冷ややかな空気を漂わせます。

酒器として利用されることが多い錫器。
その特徴は、アイスコーヒーにも適しています。
水を浄化すると言われる錫の性質によって、コーヒーの雑味が取り除かれ、
味わいや口当たりがまろやかに感じられます。
本品のワイングラスのような膨らみは、飲み口に冷たい香りを運ぶでしょう。
特別な錫の器で涼を感じる、古来からの愉しみを、現代に。

ご購入はこちら 

冷香-reico-開発ストーリー

大阪錫器×千田硝子食器コラボ商品「冷香-reico-」
伝統工芸品を気軽に楽しんでいただくために、
身近な飲み物でその魅力を引き出したい。
そんな思いからこのコラボは始まりました。

大阪錫器さん工場見学の
様子はこちら 

大阪商品計画 note

人の歴史は、道具の歴史。
私たち千日前道具屋筋商店街は、
料理道具の目利きとして、先人の築いてきた
文化を未来につないでいきたいと考え、
絆具(つなぐ)ブランドを立ち上げました。

文化をつなぐ道具〈 絆具 〉
ブランド 第3弾
商品の詳細はこちら 

アクセス
Access

店舗名 千田硝子食器(株)
住所 大阪市中央区難波千日前8番21号
電話番号 06-6632-2512
FAX番号 06-6632-3580
ホームページ https://www.senda-irodori.com/
SNS facebook
営業時間 平日:9:00~18:30 
土日祝:10:00~18:00
定休日 お盆・年末年始
上戻る